2017年1月29日

松戸駅周辺の再開発の第一歩、バリアフリー化推進工事と新しい駅ビルの建設の着工はいつなのか?またいつ完成予定なのか?

カテゴリ: 再開発
タグ:

近隣の流山市や柏市、また埼玉県三郷市などで、大型商業施設がここ数年進出してきましたが、その中で松戸市はポツンと置いてかれてしまった格好となり、松戸駅だけでなく市全体として地域活性のキーとなるものを生み出せない状況が続いています。

そんな中、実は2012年に松戸駅を中心とした再開発の計画が発表されていました。

スポンサードリンク

松戸駅のバリアフリー化推進工事と駅ビルの建設

それが松戸駅構内のバリアフリー化の推進工事と、駅ビルの建設です。

松戸駅改札内には上り用のエスカレーターのみで下りのエスカレーターがありませんでした。また改札内にはエレベーターもない状況が続いていました。

このバリアフリー化推進工事では、下り用のエスカレーターの設置とエレベーターの設置のほか、段差のない多機能トイレへの改修工事も予定されています。

またそれに伴い、改札外の通路についても改修工事を行う予定だそうです。

駅ビルは、常磐線の軌道敷地の上部に、人工地盤を構築しその上に地上7階建てを建設する計画となっています。

駅ビル内には各種商業施設が入る予定で、新たな地域活性の鍵になると期待されています。

着工に遅れ、そしてバリアフリー化工事から開始

これらの着工は当所2014年の春を予定、バリアフリー化は2018年度、駅ビルは2019年度までに完成予定となっていましたが、東京オリンピックの準備などの影響で工事費が高騰し、駅ビルの着工については事実上の延期となっていました。

現在は、バリアフリー化推進工事のみを先行して進めていて、バリアフリー化については2019年度(平成30年度)までに完成する予定となっています。

ただ2017年1月現在、下りのエスカレーター工事はまだ着工している雰囲気はありません。

駅ビルの着工はいつになるのか?

駅ビルについては、現段階では着工、また完成予定日共に不明という状況です。

地域活性の鍵となる駅ビルの着工開始は、果たしていつになるのか?今後も動向を追っていきたいと思います。

2017年1月現在、新駅ビルに向けた動きはまったくありません。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

歯科衛生師 マネージャー

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

月別アーカイブ