2017年8月24日

【続報】松戸市は伊勢丹松戸4階に市民活動サポートセンター、文化ホール別館、旅券事務所の開設を予定、年間10万人以上の利用を試算

カテゴリ: 話題
タグ: ,

参考記事:伊勢丹松戸の存続に向け、松戸市は来年から10年間賃料を肩代わりする事で合意、その金額なんと総額21億円!9月の市議会で可決されれば正式に契約

松戸市はただ単にお金を払うだけではありません。伊勢丹松戸の4階に複数の公共施設を整備し展開する予定だそうです。

スポンサードリンク

伊勢丹松戸店に公共施設整備へ 駅前の活性化を目指す /千葉県松戸市 (チバテレ) – Yahoo!ニュース

JR松戸駅周辺の活性化に向けて松戸市は22日、市内の百貨店の店舗内に複数の公共施設を整備する考えを示しました。

松戸市が整備するのは、生涯学習や市民活動の拠点である「市民活動サポートセンター」と「文化ホール別館」、それに「旅券事務所」で、いずれも伊勢丹松戸店の4階に開設します。ことし秋にも三越伊勢丹HDと賃貸契約を結び、2019年春に供用を始めます。

サポートセンターの利用者が昨年度は約5万6千人、パスポート申請、受領者が約3万人いたという事で、これに文化ホール別館の利用者を加えると、合計で年間10万人以上の人の行き来が松戸駅西口周辺で期待できるとの事です。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

月別アーカイブ