2019年12月24日

新京成電鉄が14年ぶりとなる新型車両80000形を導入、松戸-京成津田沼間で12/27(金)から運行開始

カテゴリ: 話題

新京成電鉄公式サイトよりキャプチャーさせていただきました。

新京成電鉄が14年ぶりとなる新型車両80000形を導入します。

スポンサーリンク

<新京成電鉄>14年ぶり新型車両「80000形」 27日から運行 安全性、省エネ向上

新京成電鉄(千葉県鎌ケ谷市)は14年ぶりとなる新型車両「80000形(がた)」を6両1編成導入し、27日から松戸-京成津田沼間で営業運転を始める。京成グループの標準車両として京成電鉄と初めて共同で設計し費用を抑えたほか、車内の開放感や座り心地、省エネ性能を高めた。

これは楽しみですねえ。早く乗りたいです!

スポンサーリンク
とも
映画とゲームをこよなく愛するアラフォーパパ、ともです。ランチの食レポでは奥さんと二人で行う事も。車で、電車で、徒歩で、市内を駆け巡っております。
とも
この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。

月別アーカイブ