2019年6月24日

市内の中学校教諭が在校生の個人情報が入ったUSBを紛失

カテゴリ: 話題

市内の中学校教諭が在校生の個人情報が入ったUSBを紛失したと、松戸市教育委員会が発表しました。

スポンサーリンク

事案の詳細

松戸市の中学校教諭 USBメモリ紛失 在校生822人分の個人情報含む

松戸市教育委員会は21日、市内の中学校の男性教諭がほぼ全ての在校生の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表し、陳謝しました。

松戸市教育委員会によりますと、市立第一中学校の30歳の男性教諭は、6月13日の出勤前に生徒の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したことに気付きました。

USBメモリーは前日午後の授業で使ったのが最後で、それ以降に紛失した可能性が高いということです。USBメモリーには特別支援学級の生徒を除く在校生822人分の名前のほか、一部の生徒の電話番号や住所なども入っていました。

アクセス 市立第一中学校

学校教諭による生徒の個人情報紛失は2016年にも教諭のカバンがひったくられる事で発生しました。

参考記事:松戸市立栗ケ沢中学校の女性教諭がカバンをひったくられ、生徒の個人情報が入ったUSBが紛失しました|2016年12月28日

ひったくられたのは不幸な事ですが、そもそもとして個人情報の持ち出しが禁止されたの事だった為、問題となりました。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

月別アーカイブ