2019年10月3日

松戸市内の女の子が「はしか」に感染、感染拡大を防ぐためにもワクチン接種を

カテゴリ: 話題

松戸市内の10歳未満の女の子が「はしか」と診断されました。

※写真はイメージです。

スポンサードリンク

ニュースの詳細

松戸市の女の子がはしかに感染

千葉県によりますと、はしかと診断されたのは松戸市に住む10歳未満の女の子です。

女の子は先月21日にせきや鼻水などの症状が出たあと発熱し、24日に市内の医療機関を受診しましたが、その際はしかだという診断は出ませんでした。その後、発疹が出たため27日になって再び医療機関を受診し検査をしたところ、はしかへの感染が確認されたということです。

女の子は予防接種を1回は受けていましたが、海外への渡航歴はなく、感染経路は分からないということです。

感染拡大を防ぐためにも、ワクチン接種を検討しましょう。

大人の人でも、1978年〜2005年の間は予防接種が1回だったため、十分な免疫力がついていない可能性があります。採血で抗体検査を受ける事で確認が可能です。

特に小さいお子さんや妊婦さんが近くにおられる方は、一度病院で検査される事を強くおすすめします。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

月別アーカイブ