2021年10月15日

なんだ!この標識は?AR(拡張現実)で架空の標識と看板を皆で作り上げるワークショップがSFチックで面白い【科学と芸術の丘2021 ①】

カテゴリ: 2021年のイベント
タグ: ,

「プラスチック禁止地区 この先200m」

なんだ?この標識は?って思いましたよねw

実はこれ現実のものではなく、バーチャルなものでスマホの画面からのみ見ることのできる仮想標識なんです。

関連リンク:10/16 (土)17(日)「科学、芸術、自然をつなぐ国際フェスティバル 科学と芸術の丘2021 OPEN CITY-触発する街-が開催

本日、明日から2日間、戸定邸を中心に松戸駅周辺各地で開催される「科学、芸術、自然をつなぐ国際フェスティバル 科学と芸術の丘2021 OPEN CITY-触発する街-」のメディア向け内覧ツアーに招待していただきましたので、その内容の一部をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

科学と芸術の丘 2021

  • 日程:2021年10月16日(土)17日(日)
  • 時間:16日は午前10時〜午後4時30分、17日は午前10時〜午後4時
  • 場所:戸定邸(国指定重要文化財)・松雲亭・戸定が丘歴史公園、松戸駅周辺および松戸市内の商業施設・店舗など
  • 費用:入場無料、戸定邸入館料一般250 円、高校・大学生100 円(中学生以下無料)
  • お問い合わせ:松戸市文化観光国際課 047-366-7327
    ※開催当日のみ、070-2269-2628
  • 主催/松戸市(文化観光国際課)令和3年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

詳しくは以下のサイトをご確認ください。

関連リンク:科学と芸術の丘

Future Collider(フューチャーコライダー)

沢山の展覧会とワークショップ、トークライブなどが明日明後日と開催されるのですが、そのうちの一部を今回内覧させていただきました。

その一つが、この木原共さんのFuture Collider(フューチャーコライダー)

さきほど写真で紹介した、架空の道路標識です。

こちらワークショップになっていて、皆で現在、または未来に必要になってくるかもしれない看板や標識を考えて、それをその場で木原さんにデジタルデータで作ってもらい、AR(拡張現実)として現実世界に存在しているかのように表現して、楽しみながら、今後の都市のあるべき姿や社会問題を考えていこうじゃないかというワークです。

ARとは?

ARとは拡張現実といい、最も身近なものでいえば「ポケモンGO」があります。

ポケモンが出現した時に「ARモード」に切り替える事ができ、実際の周りの風景の中に、ポケモンが存在するかのように表示される状態になります。

実在する風景にバーチャルな資格情報を表示させる事で、目に見える世界を仮想的に拡張していく、それがARです。

オモシロから都市の未来、社会問題を考えていく

今回の開催の前に、アーティストの木原さんはオランダのアムステルダムで同様のワークショップを開催。

そこで先程の「プラスチック禁止地区 この先200m」という標識が生まれたそうです。

他にも「ドローン監視地区」や「自動運転車禁止地区」などなんだか近未来のSF世界を思わせる標識に、SF好きの私としてはお話を聞いていてワクワクしっぱなしww

アムステルダムでは、その標識が実在するという前提でワークショップ参加者がトークを展開して非常に面白いものになったそうです。

都市の未来を考えるとか、社会問題といった話からはじめるとどうしてもかしこまってしまうというか、お硬い話になってしまって取っ付きにくくなってしまうと思うのです。

でも、ARで自分たちの考えた架空の標識をバーチャルに貼り付けちゃおう!って企画だと、まず最初にオモシロがあって、次第にそして自然に思考が社会問題へとつながっていく気がします。

私が考える仮想標識

というわけで私も少し仮想標識を考えてみました。

  • 「ノーマスク禁止区域」
  • 「ここから先ワクチン接種済み居住区」
  • 「宅配ドローン通行ルートにつきドローン飛ばすべからず」
  • 「アンドロイド進入禁止」
  • 「アンドロイド専用出入り口」

自然と頭の中でSF映画や、マンガが浮かんできますねw

このワークショップでは、iPhoneアプリで実際に周りの風景に仮想標識を貼り付ける事もできるので、興味のある方は是非、明日明後日の戸定邸に行って、アプリのURLをゲットして遊んでみてください。

明日はどんな日本らしい仮想標識が誕生するのか、楽しみです。

詳しくは以下のサイトをご確認ください。

関連リンク:科学と芸術の丘

スポンサーリンク
とも
映画とゲームをこよなく愛するアラフォーパパ、ともです。ランチの食レポでは奥さんと二人で行う事も。車や電車、自転車、徒歩で、松戸市を駆け巡っております。
とも
松戸市の最新地域情報を受け取るならコチラ

千葉県松戸市の地域情報ブログ「松戸つうしん」を気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいた、近隣のニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。

松戸市と隣接する他のエリアの情報も少し扱っています。