2017年11月28日

上本郷の松戸市立病院跡地は今後売却に向けて調整する方針


参考記事:松戸市立病院が千駄堀に移転し、松戸市立総合医療センターとして2017年12月開院予定です

松戸市立病院の新設・移転が話題ですが、気になるのは上本郷にある病院跡地。

松戸市は22日、移転後の跡地については早期売却に向けて調整する方針だと発表しました。

スポンサーリンク

アクセス 旧松戸市立病院

旧松戸市立病院はこちら。

ニュースの詳細

松戸市立病院跡地「売却が妥当」

松戸市では22日、有識者らでつくる市長の諮問機関=病院運営審議会が開かれ、病院移転後の上本郷跡地の利用について話し合いました。その結果、周辺の医療環境が充実していることなどを理由に、「現地に公立の医療施設は必要ない」とする答申をまとめました。

 その上で跡地は売却しその売却益は、計360億円に上る千駄堀の新病院建設費や医療機器の更新費などの償還に充てるのが「妥当」と結論付けています。市の試算によりますと、約1万4500平方メートルに及ぶ跡地の土地評価額は21億6800万円余りだということです。この後、審議会の近藤俊之会長は本郷谷健次市長を訪れ、答申書を手渡しました。

北松戸駅から徒歩で約15分、新京成線、松戸新田駅からも約13分と好立地。

商業施設やあるいは大型のマンションなど用途はいろいろ考えられそうです。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

さいたまインプラントセンター

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

人気記事