2017年9月4日

腸管出血性大腸菌O157に女性が感染、松戸市内の病院で診断、感染経路は調査中


千葉県は8月29日、東京都の女性(25)が腸管出血性大腸菌O157に感染し、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症したと発表しました。

スポンサーリンク

O157で女性重症 松戸の病院で診断 (千葉日報オンライン) – Yahoo!ニュース

県疾病対策課によると、女性は16日に腹痛の症状が出始め、19日に都内の医療機関を受診した。22日に入院し詳しい検査の結果、28日にO157・HUSと診断され、松戸保健所に届け出があった。感染経路は調査中という。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
さいたまインプラントセンター

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

人気記事