2017年1月23日

松戸市立病院が千駄堀に移転し、松戸市立総合医療センターとして2017年12月開院予定です


※上記松戸市立総合医療センター完成イメージ図は、松戸市公式サイトよりキャプチャーさせていただきました。

上本郷にある国保松戸市立病院が千駄堀に移転し、松戸市立総合医療センターとして2017年12月に開院することがわかりました。

スポンサーリンク

松戸市立病院の抱える課題

松戸市立病院には以下の課題がありました。

松戸市立病院は、昭和42年に現在地に開院して以来、診療科や病床数の増加に伴い増改築を繰り返してきているため、施設内の動線がわかりにくい状況となっております。また、施設の老朽化や耐震性の低さも指摘され、早期に建替えることが求められています。

長年、現所在地での改築か移転かを巡り論争が続いていたようですが、昨年9月の松戸市議会にて新名称「松戸市立総合医療センター」として2017年12月に千駄堀に移転・開院することが決まりました。

アクセス 松戸市立総合医療センター

新病院の建設予定地(千駄堀1113-8)はこちらになります。JR武蔵野線八柱駅が最寄り駅となりそうです。

現在は建設工事中、12月に開院予定

新病院の建築工事は2017年3月ごろに躯体工事が終了し、設備工事・外構工事を経て9月に建物は完成予定です。10月から移転作業を開始し、12月の開院を予定しています。

松戸市立総合医療センター概要

病床数は600床、延床面積は約47,000平方メートル、9階建の建物で、ヘリポートも完備されます。

松戸市立総合医療センターの特徴は次の通りです。

  • 高精度放射線治療への対応(高精度照射対応の放射線治療装置を導入)
  • 診療体制の効率化(産科病棟・新生児科病棟・小児科病棟を同じフロアに配置し、診療科間の連携強化)
  • 療養環境の向上(個室・4床室の病室構成)
  • 画像診断装置の増設(CT 装置を2台から3台に、MRI装置を1台から2台に増設、予約待ち日数の短縮)
  • 院内利便施設の充実(コンビニ、レストラン、コーヒーショップ、講堂の新設)

年内にはオープンとのこと、松戸市内の新たな拠点病院となりそうですね。

追記
具体的な日程が判明しました。

参考記事:松戸市立総合医療センターの開院予定日が12/27と発表、移転開院のスケジュールも


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

さいたまインプラントセンター

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

人気記事