2016年12月22日

映画「海賊と呼ばれた男」の撮影場所に21世紀の森と広場が使われています、岡田准一さん・黒木華さんら撮影に来ていた模様


2016年12月10日より公開中の岡田准一さん主演映画「海賊と呼ばれた男」で松戸市の21世紀の森と広場が撮影場所に使われています。

スポンサーリンク

アクセス 21世紀の森と広場

場所は松戸市千駄堀、千葉西総合病院の近くです。

海賊と呼ばれた男 あらすじ

明治・大正・昭和の激動の時代に青年が石油会社を興し、海賊と呼ばれ恐れられながらも、戦後の日本に夢と希望をあたえた男とその仲間たちの物語。

永遠のゼロチームが再集結、百田尚樹さん原作の映画です。

ツイッター情報によると、V6岡田准一さんや黒木華さんらが21世紀の森と広場で撮影を行っていたみたいです。ZIPでも放送されたみたいですね。

尚、シネマサンシャイン松戸が閉館したことで松戸市には映画館がありません。松戸市周辺の映画館・上映スケジュールは映画館に行こう!公式サイトにてご確認ください。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
さいたまインプラントセンター

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

人気記事