2017年9月7日

伊勢丹松戸、松戸市が一部を賃借したとしても5階以上は閉鎖する意向、大幅縮小で賑わいを維持・向上させる事は果たしてできるのか?


参考記事:伊勢丹松戸の存続に向け、松戸市は来年から10年間賃料を肩代わりする事で合意、その金額なんと総額21億円!9月の市議会で可決されれば正式に契約

参考記事:【続報】松戸市は伊勢丹松戸4階に市民活動サポートセンター、文化ホール別館、旅券事務所の開設を予定、年間10万人以上の利用を試算

伊勢丹松戸の存続に向けて、松戸市が一部を賃借する方向で、話が進んでいますが、三越伊勢丹ホールディングスは松戸市に対して、5階以上を閉鎖する意向を示していることが分かりました。

スポンサーリンク

伊勢丹松戸店、5階以上閉鎖へ 三越伊勢丹HDが市側に意向伝える (産経新聞) – Yahoo!ニュース

市によると、同HDから市側に対し店舗の一部を公共施設に使うよう提案があり、当初は上層階の使用を検討していた。3月になって同HDの社長が交代し、その後、5階以上の閉鎖の構想が示されたとしている。こうした経緯から、市が賃借するフロアは同店4階フロアの一部となったとみられる。

市は同店の5階以上閉鎖はあくまで「示されたイメージ」としているが、4階フロアの約6割(約1600平方メートル)をテナントとして、来年10月~平成40年6月末まで借り、旅券事務所、市民活動センター、文化ホール別館に使う方針を決めている。

てっきり、松戸市が一部を賃借する事で、現状の伊勢丹松戸のほとんどが維持できるものと思っていましたが、本館11階、新館9階の5階以上が閉鎖という事になると、現状から約半分の規模に縮小するという事を意味します。

約10年間で総額21億円近くのお金を市が支払ったとしても、大幅縮小。これでは賑わいを向上させるどころか、現状を維持させる事も難しくなるのではないでしょうか。

5階以上閉鎖という三越伊勢丹ホールディングスの案に、松戸市が同意できなければ、賃借の話もなくなり、完全撤退・完全閉鎖という可能性もあります。

今後の動きに、さらに注目が集まりそうです。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
さいたまインプラントセンター

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

月別アーカイブ