2016年12月2日

松戸市がスマホ向けノベルゲーム「秋葉原まで13時間」をひっさげてコミケに初参戦


秋葉原まで13時間 ~姫はゲームを作りたいっ!~

※画像はスマートフォン向け無料ノベルゲーム「秋葉原まで13時間 ~姫はゲームを作りたいっ!~」 公式サイトからキャプチャーさせていただきました。

松戸市が、東京ビックサイトで開催されるコミックマーケット、通称コミケに初出展する事が発表されました。

スポンサーリンク

コミケに出展する自治体としては千葉県内では初となります。

ノベルゲーム「秋葉原まで13時間」とは?

今回の出展でメインとなりそうなのが、スマホ向けの無料ノベルゲーム「秋葉原まで13時間 〜姫はゲームを作りたいっ!〜」

ゲームジャンル

ノベルゲームとは、文章を読みながら、進めていくアドベンチャーゲーム。途中ストーリーに分岐点があり、選択肢によってストーリーが分岐し、いくつかのエンディングが用意されているものが一般的です。

ゲーム内容

コンテンツ産業振興事業 まつどの観光・魅力・文化|松戸市

松戸の高校に留学生としてやって来たお姫様が、高校の友人と一緒にゲームを作るノベルゲームです。「創作活動の楽しさを伝える」をコンセプトに、「モノづくりって、こんなにしんどくて、なぜこんなに楽しいんだろう?」、そんな、クリエイターならだれもが感じたことがあろう問い、その答えを、キャラクターとプレイヤーが一緒に探し、それぞれの答えを見つけます。見つけた答えが各々の現実の人生を前に進める力になるような、そのようなことをゲームを通して体験する物語です。

ゲームの舞台が松戸市という事だけでなく、ゲームを通して松戸市が秋葉原や池袋に近く、生活コストが安い事から、創作活動をする上で非常によい立地である事をアピールし、若者を誘致する狙いもあるようです。

松戸市が、コスプレなどのいわゆるオタク文化を支援している事は以前から知っていましたが、ここまで深く本気で関わっていこうとしているとは、、、。凄いですね。

経済効果を見越して動くのは当然の事だとは思いますが、安易にオタク文化の上っ面だけを拾うような事をしていない、真剣な姿勢に頭が下がります。

コミックマーケット91の出展内容

松戸市の出展ブースでは上記のゲームの他に

  • 松戸市の創作環境の良さをPRするパンフレットの配布
  • 税務相談コーナー
  • 献血応援イベントへのパスターの提供

を予定。

コミケに税務相談。意外な組み合わせかもしれませんが、コミケに出展しているサークルは個人事業主が多く、毎年確定申告に苦労しているのではないか、という観点からなのだとか。

コミックマーケット91は12月29日〜31日、東京ビックサイトで開催されます。


この記事はいかがでしたか?

松戸つうしんを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
さいたまインプラントセンター

松戸つうしんへようこそ

松戸つうしんは、千葉県松戸市のローカル情報を発信している地域情報ブログです。普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント

人気記事